民謡歌手 佐々木 基晴さん

日本に民謡歌手はたくさんいるし、民謡の普及に努めている方もたくさんいます。
そんな方たちの中から、今回は道南口説節の全国大会を立ち上げるなど北海道民謡の普及活動に貢献した民謡歌手の「佐々木 基晴(ささき もとはる)」さんについてご紹介します。

佐々木 基晴さんは1926年に北海道で生まれた民謡歌手です。
日本民謡佐々木基晴流家元で、江差追分などの日本民謡の大御所。財団法人日本民謡協会理事、北海道民謡連盟最高師範、道南口説節実行委員会代表などの肩書きを持っています。

幼い頃から民謡を唄い始め、1949年に「この声百万ドル第1回全国大会」で優勝し、 翌年には27曲の北海道の発掘民謡を発表しました。
1955年頃から道内の特に道南地域に伝わる民謡を発掘し、全国的に紹介するとともに、道南口説節の全国大会を立ち上げるなど北海道民謡の普及活動に貢献してきました。

基声会を発足させ指導者として全国民謡と江差追分の保存、普及、少年民謡の育成と指導に努め、1976年には内閣総理大臣より昭和50年度『芸術文化に活躍された人々』の招待を受けたり、1982年には芸術祭優秀賞受賞しています。

それだけでなく、1977年にブラジルで文化勲章(マガリアエンス章)、翌年サンパウロ州よりサンフランシスコ大学章(コメンダトール章)、1983年には最高文化勲章グランクルス章を受けるなど、国外でも親善公演を行いさたくさんの章を得ています。
他にも、1986年にモンゴル国アジア民族音楽祭特別賞、1988年に中国国際音楽祭にて「国民栄誉賞」を受賞し、これらの国際交流に尽力した功績で「笹川貢献賞」を受けています。

その後もカナダやアメリカ、台湾、ロシア、スペインなどさまざま国でも公演し、そういった功績により1996年に、勲五等双光旭日章を受勲しています。

特にブラジルへはたくさん訪れていて、1990年にはサンパウロ州への親善訪問7回・協力福祉の功で州旗を受戴し、2000年でブラジルでの親善公演は計12回となりました。2014年には北海道文化賞を受賞しました。

国内だけでなく国外での親善公演も多く行い、民謡の普及に努め、ほんとにたくさん賞を受賞してきました。経歴をみても“すごい!”の一言しか言えないような、民謡を語る上でも切っても切れない人です。シングルCDやたくさんのアルバムも出しているので、それらもきいてもらいたいと思います。

民謡の普及に努めている方たちがいるからこそ、いつまでも民謡が伝えられていくし、日本だけでなく国外でも民謡が伝えられていくのでしょうね^^
いつまでもお元気でこれからも私たちに民謡を素晴らしさを伝えてほしいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です