北海大漁節

意外にも鰊漁に関する唄には大漁節のような唄がなく、この唄は昭和25年頃に北海道出身の二人の民謡家により作成されました。
群馬県の「八木節」と北海道の「ソーラン節」の囃子言葉の部分を巧みに取り入れ、「北海大漁節」と名付けられます。

http://youtu.be/VfRPpzyNBik

ハアー 春は海からよ景気があがるよネ
(チョイサ)
いかにさけますチョイ
ヤーレンソーランソーラン鰊船(にしんぶね)よ
(ヤーレンソーランソーラン鰊船よ)

ハアー 大漁大漁だよ踊りが弾むよネ
ばばもあねこもチョイ
ヤーレンソーランソーランにぎやかによ
(ヤーレンソーランソーランにぎやかによ)

ハア- かかよ喜べよ何買ってやろかよ
ことしゃ鰊でチョイ
ヤーレンソーランソーラン浜大漁だヨ
(ヤーレンソーラン ソーラン浜大漁だヨ)

※動画と歌詞が違います
ハアー 漁場の育ちでよ働きものによネ
娘やりたいやチョイ
ヤーレンソーランソーラン弁当そえてよ
(ヤーレンソーランソーラン弁当そえてよ)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です